スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

年賀状 2014


こんにちは。
今年もいよいよあとわずかとなりましたがみなさまいかがお過ごしでしょうか。
遅ればせながら、今年も年賀状企画を催します。この年賀状企画も思えば未(ひつじ)年からはじまり今年でいよいよ11年目!になります。
いつの日かお届けした年賀状を見返していただいて、少しだけ懐かしい気持ちになっていただけたらうれしいなあと思います。

1月5日を過ぎての到着になってしまうと思いますが、それでも「欲しい!」と言っていただける方は、下記から住所とお名前をお送りください。

応募する

これまでの年賀状はこちらからご確認いただけます。
※画像は、2013年の年賀状になります。

iOS7のロック画面の文字色


iOS7にして、いわゆるフラットUIがきれいだなあと思って、ぴったりな背景画像を探していたときのことです。

白っぽいのがいいなと思って、白から薄いグレーになる、わずかにグラデーションがかかった画像を作って当てはめてみたのでした。
すると、今まで白色だった文字色がグレーになってしまい、もしかすると背景色の濃度によって文字色が変化するんじゃないかなと思い検証してみました。それがこちらの画像。



わかったことは、文字色は基本的に白か濃いグレーの2色で、K20%からK30%の間で変化するようでした。
さらに突き詰めると、文字色は25%以下で濃いグレー、26%以上で白になります。



そこからさらに掘り下げて、測光方法(どの部分の色を見て決めているのか)が気になってしまい、もうひとつ検証してみました。それがこちらです。

左右をK0%とK52%とで分割して、ちょうど平均してK26%になるようにしてみたところ、見事に左右の面積の違いで文字色が変化しました。
この他にも上下をK0%とK52%とで分割したものも試してみたのですが、上下中央の平均を採っているため、文字色は白になりました。


これの理屈を応用すると、上K39%、中K0%、下K39%で、全体で平均K26%になるよう3分割してみたところ、上下中央部分はK0%なので予想通りグレーの上にグレーが乗ってしまいました。


そんなわけで時計の文字色は、背景にする画像にもよりますが、ある程度はコントロールできるようですので、何かのご参考になればうれしいです。
あと、カラーだとどうなるのか未知数なので、また試してみたいと思います。

それでは、また。

年賀状2013


こんにちは。
今年も年越しぎりぎりでとても恐縮なのですが、
例年のごとく年賀状企画を催したいと思います。

今年で10年目!これまでの年賀状はこちらからご確認いただけます。

今年も年賀状をお送りできればなあと思いますので、
ご希望の方は、こちらからどうぞよろしくお願いいたします。
いつの日か、見返してはほっこりしていただければ幸いです。


※画像は、2012年の年賀状になります。

ひとこと in5月



この5月に #100tomtomcafe という、
みなさまからお題をいただいて
それを絵にしていく企画をはじめたのでした。
そうでもしないとなかなか絵を描かなくなってしまって、
あんまりよくないなあと思ったからです。

それでもやっぱりなんやかんやでなかなか描けなくて、
お題はたまっていくいっぽうで、
お題をいただいた方には本当にすみません。

そもそもなぜ #100tomtomcafe をはじめたかというと、
自分は絵がうまくないなと思っているからです。

自分は絵がうまくないなと思う瞬間は、
思っていた構図や、ポーズで描けないときです。
そういうときはたいてい描きやすい絵に逃げてしまって、
それを繰り返すことで描きやすい絵ばかりが上達してしまいます。
なので、普段描かない絵を描きたい!と思い始めたのでした。

そんな考えがあって、
昨年末にイラストレーターの方と会ったときに、
「基本的な描く力がないとやっぱりしんどいですよね」
みたいな話になって、毎日何かしら描くことできっと力になりますよ、
ということで、ぼくはほとんど何もしていないのですが
あれよあれよという間に
#sketch365」というサイトが出来上がってしまいました。
@shg25 さんと @choro_o さんには多大なる感謝です。

歌手の矢野顕子さんが、
1日でもピアノを触らないと感覚を忘れてしまう、
とどこかで言っていたのを思い出します。

かくいうぼくも10年くらい前に毎日スケッチをしていて、
未だに捨てられずに持っています。それが今回の写真です。


スケッチは、自分なりの線を見つけることが大切だと思っています。
目で見える世の中のモノにはもちろん輪郭線はないので、
だからこそどの線を採用するというか
描き出すかみたいなことが求められると思うのです。
自分なりの線を見つけるには
それなりの数のスケッチを描いたりしたほうがよいのですが、
ただ漠然と描いているだけだと意味がなくて、
しっかり形どることや線を減らすことを意識したりすることで、
より意味があるスケッチになると思います。

#sketch365」 が、絵を描く人の手助けになればよいなあと思います。

ちなみに写真の絵は、「Bobbie's Rockin' Chair」というバンドの 「Young Friends」というアルバムの模写です。 それでは、また。

ひとこと in4月


CONTAX Aria / Kodak GOLD 400

4月。

学年は違うけど大学、専門学校と一緒で、
その後なぜか同じ職場で働いたりもしたことのある
松本ユウキこと通称まっちゃんの写真展に行ってきたのでした。

まっちゃんの撮る写真はなんだかソリッドな感じで、
ぼくが真似しても絶対に撮れないようなかっこいい写真を撮ります。

そんなまっちゃんとはカメラを持って一緒に何回も旅をしたりします。

当然同じところに行って同じものを撮ったりするので、
撮った写真をあとから見比べたりして、
なんだろう、まっちゃんの撮る写真は、
決められた画角に素敵な感じで対象物をおさめるのですね。
ああ、こういう風に撮ればよいのだな、とずいぶん勉強になりました。

まっちゃんの写真はこちらのブログでご覧いただくことができます。
http://kohkei.jugem.jp/


ツイートもした「写真は『気持ち』をうつすのか?」のお話。
http://d.hatena.ne.jp/photography/20110412/1302637460

非常に興味深かったのですが、ほとんど当たりませんでした。
他人が撮った写真なので当たり前といえば当たり前です。

この実験をみて思ったのは、
ぼくは、写真でも絵でも、作り手がすべてを決めてしまわない、
観る人の感情にゆだねるような作品が好きだったりします。
ただ、喜怒哀楽のいざないになる要素はどこかに必要なので、
観る人の感情を呼び起こす、
きっかけになるような仕掛けがあればよいなと、思います。


写真のお話ばかりになってしまいましたが、
それでは、また。