ToMToMCAFE BLOG

スポンサーサイト 

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | posted by スポンサードリンク |
ひとこと in5月 


この5月に #100tomtomcafe という、
みなさまからお題をいただいて
それを絵にしていく企画をはじめたのでした。
そうでもしないとなかなか絵を描かなくなってしまって、
あんまりよくないなあと思ったからです。

それでもやっぱりなんやかんやでなかなか描けなくて、
お題はたまっていくいっぽうで、
お題をいただいた方には本当にすみません。

そもそもなぜ #100tomtomcafe をはじめたかというと、
自分は絵がうまくないなと思っているからです。

自分は絵がうまくないなと思う瞬間は、
思っていた構図や、ポーズで描けないときです。
そういうときはたいてい描きやすい絵に逃げてしまって、
それを繰り返すことで描きやすい絵ばかりが上達してしまいます。
なので、普段描かない絵を描きたい!と思い始めたのでした。

そんな考えがあって、
昨年末にイラストレーターの方と会ったときに、
「基本的な描く力がないとやっぱりしんどいですよね」
みたいな話になって、毎日何かしら描くことできっと力になりますよ、
ということで、ぼくはほとんど何もしていないのですが
あれよあれよという間に
#sketch365」というサイトが出来上がってしまいました。
@shg25 さんと @choro_o さんには多大なる感謝です。

歌手の矢野顕子さんが、
1日でもピアノを触らないと感覚を忘れてしまう、
とどこかで言っていたのを思い出します。

かくいうぼくも10年くらい前に毎日スケッチをしていて、
未だに捨てられずに持っています。それが今回の写真です。


スケッチは、自分なりの線を見つけることが大切だと思っています。
目で見える世の中のモノにはもちろん輪郭線はないので、
だからこそどの線を採用するというか
描き出すかみたいなことが求められると思うのです。
自分なりの線を見つけるには
それなりの数のスケッチを描いたりしたほうがよいのですが、
ただ漠然と描いているだけだと意味がなくて、
しっかり形どることや線を減らすことを意識したりすることで、
より意味があるスケッチになると思います。

#sketch365」 が、絵を描く人の手助けになればよいなあと思います。

ちなみに写真の絵は、「Bobbie's Rockin' Chair」というバンドの 「Young Friends」というアルバムの模写です。 それでは、また。
| monology | comments(1) | posted by tomtomcafe |
ひとこと in4月 

CONTAX Aria / Kodak GOLD 400

4月。

学年は違うけど大学、専門学校と一緒で、
その後なぜか同じ職場で働いたりもしたことのある
松本ユウキこと通称まっちゃんの写真展に行ってきたのでした。

まっちゃんの撮る写真はなんだかソリッドな感じで、
ぼくが真似しても絶対に撮れないようなかっこいい写真を撮ります。

そんなまっちゃんとはカメラを持って一緒に何回も旅をしたりします。

当然同じところに行って同じものを撮ったりするので、
撮った写真をあとから見比べたりして、
なんだろう、まっちゃんの撮る写真は、
決められた画角に素敵な感じで対象物をおさめるのですね。
ああ、こういう風に撮ればよいのだな、とずいぶん勉強になりました。

まっちゃんの写真はこちらのブログでご覧いただくことができます。
http://kohkei.jugem.jp/


ツイートもした「写真は『気持ち』をうつすのか?」のお話。
http://d.hatena.ne.jp/photography/20110412/1302637460

非常に興味深かったのですが、ほとんど当たりませんでした。
他人が撮った写真なので当たり前といえば当たり前です。

この実験をみて思ったのは、
ぼくは、写真でも絵でも、作り手がすべてを決めてしまわない、
観る人の感情にゆだねるような作品が好きだったりします。
ただ、喜怒哀楽のいざないになる要素はどこかに必要なので、
観る人の感情を呼び起こす、
きっかけになるような仕掛けがあればよいなと、思います。


写真のお話ばかりになってしまいましたが、
それでは、また。
| monology | comments(1) | posted by tomtomcafe |
ひとこと in3月 
400枚

3月。あの大きな地震がありました。

そのときぼくは、ビルの16階にいて、ものすごく揺れたのでした。
窓から見える大きなビルも同じようにぐらぐらと揺れ、
このまま揺れ続けると、何かの映画で観たように、
ビルが崩れ落ちたり倒れたりするのかな、
ああ、これで最期だな、と思ったりしたのでした。

これほど、死ぬ、ということを意識したことはありませんでした。


ここで思い出したように池波正太郎の小説、
「おれの足音」から引用させていただきたいと思います。
ちなみに「おれの足音」とは、忠臣蔵で有名な大石内蔵助の物語です。

“「いつか、ずっと以前に、お前に申したことがある。
人というものは、ものをおいしく食べ、ようねむり、
女の肌身を抱き、子を生み育て、家業をまもる。
簡単ながら、このいとなみこそが人の生涯と申すもの、だとな。

なればこそ、明日に死をひかえた囚人とても、
今夜は牢獄の中で夕飯をしたためる。
それがまた、尊いことなのではないか。

それゆえにこそ、人の世が、こうして何百年、
何千年も打ちつづいておるのだ、と、わしはおもうがな」”


このせりふは、八方手を尽くしたのちに、
結局吉良邸に討ち入りせざるを得なくなってしまった内蔵助が
討ち入りの直前になっても吉原に行くことを質問された、
友だちとも言うべき鍔屋宗伴に言った言葉です。


ああ、生きるってこういうことなのだな、って思います。


きっと、「おいしい」ってすごく素敵なことだと思うのです。
そんなおいしいのしあわせを、
毎日、三回も体験できるなんて、ほんとうに素敵なことで、
生きているうちにあと何回おいしい食事ができるのかなあなんて考えながら、
ぼくは今日も生きています。

それでは、また。
| monology | comments(0) | posted by tomtomcafe |
ひとこと in2月 

CONTAX Aria / Kodac GOLD 400

今さらながら、デスクトップに忘れ去られた
書きかけのテキストファイルがあったので、
2月のひとことを更新してみたいと思います。
思えば、ああ、9か月前。あの大きな地震も、まだなのでした。


突如コロッケうどんが食べたくなりました。
最初、コロッケをうどんにいれて美味いはずがない、と思っていたのですが、
ところがどっこい、うどんはコロッケの油でコクが出て、
コロッケはツユを含んで劇的に味が変わるという相乗効果。
本当にうまいのです。ああ、コロッケうどんが食べたいです。


同僚と5月のカレンダーを眺めていました。
今年は連休をくっつけると、なんとなんと、10連休になるのです。
思わずどこに行こうかなんて、未来に夢を描いてしまいました。


ここ数か月かかわり続けた絵本アプリがリリースされました。
iPadとiPhoneどちらでもご利用いただけます。
http://itunes.apple.com/jp/app/id417664236


フルーツグラノーラは、冷たい牛乳でいただいているときは
あたためた牛乳のほうがおいしそうな雰囲気が存分に感じられたのですが、
あたためるとふやけすぎてしまって
おいしさがどこかに飛んでいってしまったようでした。
なんだか不思議な食べ物です。


餃子の王将で、備え付けの餃子のタレを使わずに、
酢と醤油でオリジナルブレントのタレを作っている人を見ると、
「こやつ、できるな。」と思ってしまいます。

ちなみに、餃子の王将における個人的な酢と醤油の黄金比は、
酢9:醤油1です。
この比率は一見酢が多いように見えるのですが、
2人前〜3人前程度の餃子を注文したときに効果を発揮し、
油っこさを酢で中和できるのです。うまいのです。


ときどき、運命のいたずらとしか思えないような偶然が起こったときは、
奇跡だと思って、出来うる限りたぐりよせてみるのです。
それがただの偶然で終わってしまわないように。


ちなみに写真は、この2月に行った、マッチ箱交換会の作品です。
前列の左ふたつ、「Tea」と「Newspaper」はもりたゆにこさん作、
前列の右ふたつ、「Rising SUN」と白くまの親子はおおでゆかこさん作、
奥のふたつはぼくのです。


そんなこんなで、年内にはこれまでのひとことを更新していきたいと思います。
ちなみに今年も年賀状企画をやりますのでよろしくお願いします。
来月には詳細をお知らせいたします。
それでは、また。
| monology | comments(0) | posted by tomtomcafe |
ひとこと in1月 
200枚
気がつけば2月も半分を消費してしまいました。
1月のひとことです。

instagramにアップした写真が200枚を超えました。
なぜだかinstagramにしか掲載していない写真がたくさんあります。
今回のイラストは、そんなinstagramのちょうど200枚めのものです。
ちなみにinstagramのアカウントはいつもと同じくtomtomcafeです。


「最近のタイガーマスク関連のニュース、よいですよね。
ああいうところにまんがの主人公はいると思うんですよ。」
「えっ、どういうこと?」
「ほら、サンタクロースがそうじゃないですか。
プレゼントが届くところにサンタさんがいるみたいに。」
そんな話をされて、感動してしまいました。


マティスと言えば、
ある日「こんな絵、簡単に描けるじゃないか」と言われて、
出来上がるまでの試行錯誤の過程を一枚一枚写真に収めて、
その写真と一緒に作品を展示したというエピソードを知ってから、
大好きになったのを思い出します。
マティスは油絵を書いているときも紙を部分的に切って構図を練っていて、
それを踏まえて晩年の切り絵の作品を観ると、
ものすごく興味深いものがあります。

ちなみに、一番好きなイラストレータもしくはデザイナーは誰ですか、
と聞かれたときは、ディック・ブルーナと答えています。
そんなディック・ブルーナもマティスには影響を受けているようで、
ミッフィーが美術館に行くお話で少しだけうかがうことができます。
ものの形を単純にしたことがマティスの最大の魅力だと思っていて、
切り絵の作品はその集大成とも言えます。


とある漫画家が、同じGペンでも使い込み具合で
描ける線が違うからと言って、
おろしたて、ちょっと使ったもの、かなり使ったものを
使い分けているのを見て、
ぼくも鉛筆で同じことを試みようかなあと思いました。
鉛筆だとちょっと尖らせるだけで
かなり違った線になるので、ちょっと悩んでいたのでした。


おいしいココアの作りかた。
(1)先に少量のお湯でココアをマグカップに溶かしておく。
(2)そこに温めた適量の牛乳をそのマグカップに注ぐ。
(3)お好みで砂糖を入れる。
(4)よく混ぜる。
牛乳はレンジで温めるよりも、鍋などであたためた方が
味に深みが出るようです。


少しあたたかくなったかと思えば雪が降ったりしていますが、
あと2週間で3月です。春まできっと、あと少し。

それでは、また。
| monology | comments(0) | posted by tomtomcafe |
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comments
Author